いぶるるど

四柱推命で流年運も特別な部分を占めています。人には「決まった運命に打ち勝つ」力もありますがいぶるるど、その力も運命の一部だったりします。
運気を味方に付けて打ち勝つ力を身につけたことでいぶるるど、タイミングの悪い時期にそれに勝てたという運勢がほぼ占めています。
どうしても受け入れなければならない凶事は誰にでも訪れます。
加えてその「悪い運勢」がなければ幸運も巡ってこないという、いぶるるど一対の存在といえます。懇意にしていた方との別れをするでしょう。

日本を蝕むいぶるるど

意中の人がいれば別れてしまう、いぶるるど片想いをしていた場合成就しそうだったのにどんでん返しが起こって婚約が破談になるといったことが考えられます。ということで、いぶるるど失恋を経験しても、いぶるるど運気の流れによるものです。
やり直そうとするより、いぶるるど新しい相手に切り替えをした方がいい出会いに巡りあうと決め込んだ方がいいでしょう。
ただし同じ年に別の人を好きになったとしても、いぶるるどその恋がスムーズにいくようにするには大変な努力を必要とします。
寂しさや悲しみは受け流さなければならないときです。この時期を乗り越えてこそ、いぶるるど新たな相手に出会えます。
ただこの年のうちでも、いぶるるど月干星が「偏官」「正官」「偏印」「印綬」にある際には、いぶるるど比較的落ちついた気分で生活できます。
もちろんのことですがいぶるるど、周期の長い大運との関わりで禍福は変わってきますので、いぶるるど

だれがいぶるるどを殺すのか

四柱推命の奥深さは判断に悩むこともあるところなのですが頼もしいいぶるるど師を探して大枠の運勢から短い期間に起こる出来事まで知っていてもらえます。