人類が地球に生まれて傷、そのころから集まって生活してきました。協力しなければすぐに死んでいたのです。
集団からはじき出されること、傷それはすなわち死に同じでした。
生命として一人になることに対して恐怖に感じる認識を種の生存本能として組み込まれていたのかそうではなく集団生活を送るうちにそれが主全体の共通認識として遺伝子単位で記憶しているのかは不明です。
ただ、傷孤独は死に直結するため傷、孤独に打ち勝とうとすることは生死に影響を及ぼす性質であることは明白だったのでしょう。
村八分というペナルティが日本の村落に存在しましたが傷、そこそこに重罪に対するものでした。それでも生死に関わるようなことはしませんでした。

傷がこの先生き残るためには

殺人に近い処罰ではあっても、命だけは取らない、といった度合いの取扱いだったのでしょう。
現在では独り身でも生きる上で問題にはなりません。ところが愛されないことへの不安感だけは誰もが持っています。
破局は他人に受け入れてもらえないことなので、それがもとで「死んでしまいたい」と口にするほど落ち込んでしまい、傷元通りになるにはある程度時間がかかります。これは一時的な反応で冷静になれる型のものではありません。
失恋で傷つき、しばらく臥せってしまうのは、傷自然な反応です。
終わった恋にどうチャンレンジするのか傷、自分を守ってしまう心理も合わせて考慮しましょう。すべきことと不適切な振る舞いがあります。