別れ

カップルではなくなっても、その後は気軽な交友関係を継続しているなら、どことなく復縁もラクそうに見なすでしょう。ところがそれほど単純な話ではありません。
恋人関係にピリオドを打っても関係も悪くなく何か不満に思う問題がなければ甘い時間に向こうが別れ話を切り出して本当に破局するはずがありません。
もし他の彼女あるいは男性ができて気が変わったのが要因でも別れ、片方によほど耐えかねるところがあったためでしょう。ことの起こりは非常に大変だったはずです。
簡単に解決策が見つかるなら別れ、お互いに譲り合って別れ、二人の関係のために協力し合っていたものと思われます。
最初に「何が嫌だったのか」それをチェックするのがポイントです。こんな時期に理由をチェックしても別れ、「もう大丈夫だから」と話題を変えられる可能性もあります。

別れについての6個の注意点

理由を尋ねることで別れ、嫌な記憶が蘇らせようとするのを怪しく思うことも考えられます。相手の方からヨリを戻したいと考えられるようにするのが、今の交友関係で一番の選択肢でしょう。
なぜ別れることになったのか。それは別れによって証明できます。依頼者の原因が確定すれば、別れそれを改善するようにしてさりげない様子で新しいあなたを見せます。
これにより「復縁しようかな」という心持にさせるのです。悪いところを直さなくても、相手の心に影響を与えてその気にしてしまう別れも用意されています。

俺たちの別れはこれからだ!

しかしそのままでは別れ、また親密な関係に戻る前に「やっぱりやめよう」と同じ短所が理由で別れることは大いにあり得ます。