女性の好意

文明以前からそれからずっと、集団生活をしてきますた。グループにならなければすぐに絶滅していたかもしれません。
集団からはじき出されること女性の好意、それはつまり死となりました。
生命体として一人になることを恐怖する認識を遺伝子を絶やさないために元々刻み付けられていたのかもしくは集団生活を営むうちにそれが結果として遺伝子単位で記憶しているのかはうやむやになっています。
しかしながら、女性の好意孤独は死に直結するため、一人で過ごすことは生死に関わる問題であることは明らかだったのでしょう。
村八分という絶縁状態が日本の村落に存在しましたが、かなり報いでした。それでも命を取るようなことは考えようもないことでした。
殺人に似ている罰則ではあっても、女性の好意殺すわけではない、女性の好意といった程度の扱いだったのでしょう。

女性の好意が許されるのは20世紀まで

現在では孤立していても生きていくうえで障害にはなりえません。ただし女性の好意、拒否されることへの恐怖だけは誰しも感じています。
破局は他者から受け入れられないことなので、それが原因で「何のために生きているのか分からない」と思うほどブルーが入ってしまい女性の好意、次の恋に進むには一定の時間を置く必要があります。これは一過性のもので節度を保てる型のものではありません。
失恋によって心がズタズタになり、女性の好意あとを引いてしまうのは、どうにもできないことなのです。
終わった恋にどう臨むのか、自分の心を守ろうとする働きに関しても注意しましょう。相応しい行動と相応しくない振る舞いがあります。