新年

他者を愛することも尽くされることも生きているだけで幸せだと心から感じられるものです。
意中の人と両想いになると、新年楽しみを共有することで2倍にして、悲しいことは小さく感じられます。頼りになる存在を得ることにも等しいです。
けれど、別れてしまうとそれまで当たり前のように存在したものの喪失感というものはとてもみじめなものです。
いつも2人だったのが思い起こされてどうしようもない想いが次々と湧き上がってきます。それは幾日もかけてループしてまるでずっと続くかのように焦りが生まれるものです。
失恋したばかりの人と、薬物に依存している人は、新年脳に共通の現象が見られたというデータを明らかにした研究者がいます。

本当は恐ろしい新年

報告書によると、新年薬に依存する患者が気分や行動を耐えられないことと、新年フラれた人が自分の行動を制御できないことは、新年その脳の症状が似通っているからと証明しました。
脳の減少によって、悲しみが強まると、ストーカーになったり、新年またはうつ状態になるということがはっきりとわかります。
その通りで、薬物に依存している患者も、予想外の行動を取ったり、抑うつ状態に落ちやすいです。個体によってお酒や薬物の中毒にはまりこみやすい人とそうでない人がいます。

新年は個人主義の夢を見るか?

失恋を体験して、あまりにもおかしな振る舞いやメンタルに陥ってしまうパターンは、もとから中毒になりやすいのかもしれません。
その考えると、新年失恋を経て元通りになるには、新年メンタルにも負担が大きいので、周囲の人の支えが何より重要です。
ストーカーまでひどくなる人は、新年孤立した環境や心境であることがほとんどといっていいでしょう。もし人の援助があったならそこまで重い状態にはならなかったのではないでしょうか。