旦那にだかれるおまじない

文明が生まれる前からそれ以来旦那にだかれるおまじない、群れを成して暮らしてきました。群れをつくらなければ生きていけませんでした。
集団からのけ者にされる、それはその人間の一生の終わりに繋がりました。
生物として孤独になることを恐れるような考えを遺伝子をつないでいくために元々刻み付けられていたのかそうではなくグループを作るうちにそれがデータとして遺伝子に刻み付けられていったのかははっきりしません。
けれども孤独はすなわち死につながる状態だったため、一人で過ごすことは生死に関わる性格であることは確かだったのでしょう。

1万円で作る素敵旦那にだかれるおまじない

村八分というお仕置きが日本の村々で実施されていましたが、ある程度報いでした。とはいえ、誅殺することは実施しませんでした。
死刑に近い刑罰ではあっても旦那にだかれるおまじない、命までは取らない旦那にだかれるおまじない、というラインの取扱いだったのでしょう。
現在では孤立していても生死には関わりません。とはいえ旦那にだかれるおまじない、突っぱねられたりすることへの不安感だけは誰しも感じています。
失恋とは他人から拒否されることなので、結果として「何のために生きているのか分からない」というほどブルーになってしまい、次の恋に進むには一定期間を必要とします。これは一過性のもので自分で抑制できるものではありません。
失恋によって心がズタズタになり、尾を引いてしまうのは、旦那にだかれるおまじないどうにもできないことなのです。
破局にどう対処すべきなのか自分を守ることについても配慮しましょう。相応しい行動と不適切な行動があります。