旦那

人類が地球に登場して、その時以来集団で暮らしてきました。仲間と助け合わなければすぐに死んでいたのです。
集団から浮いてしまう、それはその人間の死と等しいことでした。
一つの生命体として一人になることに対してこわがるような意識を遺伝子をつないでいくために持っていたのかあるいは集団生活の中で学習して、それが潜在意識として遺伝子単位で記憶しているのかは解明されていません。
けれども孤立イコール死という図式はデフォルトだったため、一人でいるのは生死に影響を与える性質であることは確かだったのでしょう。
村八分という制裁が日本の村社会にもありましたが、中々の重い罰でした。にもかかわらず、旦那死刑までは考えようもないことでした。
極刑に近似したものではあっても旦那、命だけは取らない、旦那というレベルの処置だったのでしょう。

旦那の人気に嫉妬

現在では寂しくてもすぐに死ぬことはありません。けれど旦那、拒絶への恐怖心だけは現存しています。
失恋とは他者から受け入れられないことなので、その結果「死んだ方がいい」と感じるほど気分が滅入ってしまい、旦那元通りになるには一定の時間を置く必要があります。これは一時的な反応で自分で統制のとれる型のものではありません。
失恋で痛手を受け、あとを引いてしまうのは旦那、けっしておかしなことではありません。

鳴かぬなら鳴かせてみせよう旦那

終わった恋にどう臨むのか、旦那自分の心を守ろうとする心理についても思いを巡らしましょう。すべきこととそうでないことがあります。