月曜から夜ふかし

自分が人に何かしてあげることも尽くされることも自分は恵まれていると心から実感できます。
恋が実ると楽しみを共有することで2倍になり、辛いことは半分になります。大きな心の支えを見つけることと同じです。
それなのに失恋するとそれまであったものの急に消えた感じはすさまじいもの。
どんなときでも離れられなかったのが記憶によみがえってきて我慢できない気持ちがとめどなくあふれます。それは断続的に反芻され終着点がないように引き伸ばされます。
好きな人にフラれた人と薬物に溺れる人は脳に同等の症状が見られたという研究の発表をした大学の研究チームもあります。
その研究では、薬物に依存する人が気分や言動を制御できないことと、失恋したモニターが自分をコントロールできないことは月曜から夜ふかし、その脳の症状が同様だからと発表しました。

月曜から夜ふかしを見ていたら気分が悪くなってきた

脳の減少によって、失恋の痛手がひどくなれば、相手に固執したり、おもしくは憂うつになったりということが分かるのです。
いかにも、薬物中毒を起こした患者も、おかしな言動を見せたり、月曜から夜ふかし気分が塞いだ状態に陥る症例がほとんどです。人によってもお酒や薬物の依存症にはまってしまう人と依存しにくい人に分かれます。
フラれてから常識を疑うような言動やうつ状態に陥るのなら、本来依存体質なのかもしれません。
依存体質の方は月曜から夜ふかし、失恋のショックから元通りになるには、大変なことであり、月曜から夜ふかし友達や家族の差さえも重要だといえます。
付きまといまでしてしまう人は、月曜から夜ふかし一人でいる環境や精神にあることが多くを占めます。もし人の援助があったのなら、月曜から夜ふかしそれほどの状態には至らなかったのではないでしょうか。