男性編

有史以前から引き続いて集団で暮らしてきました。協力しなければ他の動物に倒されていたでしょう。
集団からつまはじきにされる、男性編それはその人間の一生の終わりになりました。
生き物の本能として孤立を恐怖するような意識を種の生存本能として抱いていたのかあるいは集団生活の中で学習して男性編、それがメモリーとしてDNAに刻まれているのかは分かりません。
とはいえ孤立は死につながる状態だったため、孤独を乗り切ろうとすることは生死に影響を及ぼす性質であることは明らかだったのでしょう。
村八分というペナルティが日本の村落では行われていましたが、かなりおきて破りに対するものでした。けれど、命を取るような処罰は考えようもないことでした。

結局残ったのは男性編だった

殺人に近い処罰ではあっても、そのまま死を意味するわけではない、男性編といった段階の処理だったのでしょう。
現在では寂しくてもすぐに死ぬことはありません。それでも、否定されることへの恐怖心だけは今もあります。
失恋はそのまま他人から突っぱねられることなので、それで「死んだ方がいい」と漏らすほどブルーが入ってしまい、元通りになるにはある程度時間を要します。これはナチュラルな反応で自分でどうにかできるものではないのです。

渋谷で男性編が流行っているらしいが

失恋で傷つき男性編、しばらくずっと塞いでしまうのは男性編、仕方のないことなのです。
終わった恋に相対するのか、男性編防衛機制というものについても検討しましょう。取るべきアクションと相応しくない振る舞いがあります。