草花

四柱推命の中でも流年運も重大な役割を担っています。人には「運命を打ち砕く」力もありますが草花、その運勢も運命のなかでのことなのです。
運気に乗って力を得たことで、草花運の向いていない時期にそれをやっつけたということがほぼ占めています。
どうしても受け入れなければならない悪い運勢は運命に含まれています。
しかもその「災厄」がなければ料運も巡ってこないという、一対の存在といえます。重要な相手とのお別れを経験する年となりそうです。
順調だったはずなのに関係が絶たれる草花、好きな人がいたなら成就しそうだったのにあと一歩のところで失敗する、婚約が破棄されるといったことが考えられます。ということで、恋が終わってもそれは時流によるものです。

草花が好きな女子と付き合いたい

相手に執着するより、新しい相手に切り替えをした方がいい相手に巡りあうと期待する方がいいのです。
ただ草花、新しい出会いがあったとしても、あなたの願いが順風満帆にいくようにするには大変な努力が必要です。
孤独や悲しみはそのまま受け入れなければいけないときです。この時期を通り過ぎて新たな相手に巡りあえるのです。

本当に草花って必要なのか?

けれども月干星が「偏官」や「正官」草花、「偏印」、あるいは「印綬」にあるときには、比較的波風なく暮らせます。
もちろんですが、大運との関わりも見過ごせず草花、運勢は変化しますので
古代中国で生まれた四柱推命の難しさは簡単には読めないところですが、信用できる草花師を探して大枠の運勢から細かい運勢まで知っていてもらえます。