11月9日生まれ

人類が地球に生まれて、ずっと集団生活を送ってきました。グループにならなければ生きていけませんでした。
集団からはじき出されること11月9日生まれ、それは要するに命を落とすことと同等でした。
個体として孤独になることを恐れるような考えを遺伝子を絶やさないために元々持っていたのかあるいはグループで暮らすうちにそれが種のデータとしてDNAに刻まれているのかは解明されていません。
けれども孤立イコール死という図式はデフォルトだったため11月9日生まれ、一人でいるのは生死に影響する性質であることは明白だったのでしょう。
村八分と呼ばれる制裁が日本の村落では行われていましたが、ある程度懲らしめでした。とはいっても命を取るような処罰は実施しませんでした。

11月9日生まれで年収が10倍アップ

極刑に近い重罰ですが11月9日生まれ、殺しはしない、といった段階の判断だったのでしょう。
現代社会では孤独を抱えていても生死活動には問題ありません。しかしながら、否定されることへの恐れについては誰しも感じています。
恋の終わりは他者からの拒絶に等しいので11月9日生まれ、その結果「何のために生きているのか分からない」と口にするほど気分が滅入ってしまい11月9日生まれ、気持ちを切り替えるには一定期間を必要とします。これは当たり前のことでコントロールできるタイプのものではありません。
失恋で痛手を受け、しばらくずっと塞いでしまうのは、11月9日生まれ仕方のないことなのです。
終わった恋にどう向かい合うのか、防衛機制も思いを巡らしましょう。相応しい行動と不適切な振る舞いがあります。