17年

破局を迎えたときの未練と気分の沈みようは周囲の人がどんな励ましをしても、今失恋で苦しんでいる本人の気持ちはというと、「そんな言葉意味ない!別れたばっかりなんだから今はどうにもできない!」という気分でしょうが、いつまでもそんな気分が尾を引くはずもありません。
はまりこんでしまうと、その心の傷跡が元通りになるまでに一定期間かかります。
しかし人間というものは17年、失恋の痛みに耐えられずに、17年なんとかして逃れる手はないかと、さまざまな愚かしい行動に出てしまいます。
例えば「やたら泣く」こと。泣くことは、心のストレスを解消できるある種の特効薬になりますので、
そうするうちに悲しみや苦しみを受け止め整理していくことが17年、重要です。
関係が終わってから立て直すまでに「時間を要する」ということも、結局は自分でやり方を身につけて乗り切るのに必要なプロセスなのです。

最高の17年の見つけ方

かと言って、酔って紛らわそうとしたり17年、いい加減な人と交わることでやり切ろうとするのは、決してそのまま何とかしようとする挑戦ではありません。
何も感じなくなったりしばらく別の相手でごまかしたり逃避行動を取ることは自分を守ろうとする行動ではありますが、その後に自分を否定するような感情を生むような副産物だけで将来的ではないのです。
けれでも17年、一人で抱え込んで人との交友を閉ざしてしまうのも、消極的です。

私はあなたの17年になりたい

自分の気持ちをコントロールしなくても、自分に助力してくれる仲間を探したり、予定をいっぱいにするといった振る舞いは相応しいプロセスです。
自分の内に閉じこもっても自分で跳ね返せる強さがある人は、それもふさわしい行動です。ただ、簡単に自分の内面を打ち明ける場合でもない人も多いでしょう。
それでは、セラピーや17年を依頼することが、乗り越えるのに相応しい行動です。