2ちゃんねる

人を好きになることもしてもらうことも生きていることが一番だと心から実感できます。
両想いが発覚すると楽しみを共有することで2倍にして、辛いことは半分になります。強力な支えを見つけることと同じです。
それでも失恋を経験するとそれまで存在したものの急にいなくなった感じは考えられないほどです。
いつも2人いっしょだったのがリアルな記憶で思い起こされ、こらえられず気持ちがとめどなくあふれます。それは幾日もかけて反芻されまるでずっと続くように感じられるのです。
失恋したばかりの人と、2ちゃんねる薬物依存症の人は脳の一部が共通しているという研究結果を出した研究者がいます。
報告では、薬物から逃れられない患者が自分の気持ちや行動を自制できずにいることと2ちゃんねる、失恋したモニターが感情を抑えきれないことは、その脳の異変が酷似しているからだと解明しました。

2ちゃんねるを極めた男

そこから、2ちゃんねる失恋の傷が深くなると、2ちゃんねる未練のある相手につきまとったり、2ちゃんねるあるいはどんよりした気持ちになったりということが分かるのです。
言われてみればその通りで、薬物依存の患者も2ちゃんねる、妄想を起こしたり、気分がどんよりとした状態にはまりこむことが多いです。個人個人でお酒や薬の中毒にいつの間にかなる人となりにくい人と両方います。
フラれた後、常識を疑うような行動やブルーに陥ってしまうパターンは、もともと依存になりやすいのかもしれません。

ついに2ちゃんねるの時代が終わる

依存しやすいという人は、失恋のショックから元通りになるには2ちゃんねる、精神的な負担も大きく、友人や周囲の人の支えが必要だと考えられます。
ストーキングまで悪化する場合は、孤立しており誰からも支えがない環境や心理状態にあることが大半といえます。もし人のサポートがあったとすれば、2ちゃんねるそれほど重体にはならずに済んだのではないかと思います。