3月4日

人類が地球に生まれて、3月4日脈々と集まって生活してきました。仲間と助け合わなければ天災や肉食の動物にやられていたでしょう。
集団からはじき出されること3月4日、それはその人間の死ぬことと等しいことでした。
生きた個体として孤立することを恐怖するような認識を種を存続させるために身につけていたのかもしくは集団生活の中で学習して、3月4日それが主全体の共通認識として遺伝子レベルでの常識になったのかは不明です。
ただ一つ、3月4日孤独は死に直結するため3月4日、孤独を気にしないことは生死に関わる問題であることは明確だったのでしょう。
村八分という懲らしめが日本の集落にはありましたが、3月4日単なるいじめではなく重罰でした。とはいえ、3月4日生死に関わるようなことは執行しませんでした。

思考実験としての3月4日

死刑に近い懲罰ではあるものの、3月4日殺すところまではいかない、3月4日といった具合の処理だったのでしょう。
現在では孤独でも生きてはいけます。ところがはねつけられたりすることへの不安だけは今もあります。
失恋はそのまま他者からの拒絶に等しいので、それで「死にたい」と弱音を吐くほど気分が沈んでしまい3月4日、元の元気を取り戻すにはある程度時間を要します。これは勝手になるもので自制できるものではないのです。
失恋で傷つき、しばらく身心を喪失してしまうのは、3月4日ムリもない話です。
終わった恋にどう向き合うべきなのか3月4日、防衛機制も思いを巡らしましょう。相応しい行動とそうでないことがあります。